2021年 8月 4日 (水)

もったいないぞ軍艦島 コスプレ撮影「絶景」なのに…

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

観光可能な場所が限定

軍艦のようだ
軍艦のようだ

   しかし、観光客が歩くことが出来る場所は限定されている。島の桟橋側の一部が歩いて見学できるようになっているが、廃墟の場所にはほとんど入ることが出来ない。しかも仕切りの白い鉄柱が囲っているため、撮影するとこれが入ってしまう。

   確かに安全確保は大切だ。しかし軍艦島のごく一部しか触れることができない観光客からは失望の声も大きい。世界遺産を目指すとすれば、より解放すべきだろう。これではコスプレイヤーからの不満の声が大きくなりそうだ。

肥留間正明

↑画像をクリックすると拡大します。

【プロフィル】肥留間正明(ひるま・まさあき) 埼玉県生まれ、日本大学法学部卒業。作家、芸能評論家、ジャーナリスト、㈱音羽出版社経営。女性自身(光文社)記者として記者生活のスターと、週刊宝石(光文社)、 FLASH(光文社)創刊を担当、“巨乳”という造語を作る。エンターテイメント、歴史ドキュメントを中心に執筆、出版活動を本格的に開始。〈テレビ出演〉『やじうまワイド』(テレビ朝日)、『アッコにおまかせ』(TBS)、『ワイドスクランブル』(テレビ朝日)ほか。〈著作物〉『勝新 役者バカ一代』(音羽出版)、『がん闘ったスターたち』(テレビ朝日)、『ウオンビン 江原道から』(鹿砦社)、『チャン・ドンゴン~ソウルの空から』(音羽出版) 『オレンジレンジ~コザからのメッセージ』(音羽出版)、『龍馬と海』(上・脱藩編)/『龍馬と海』(下・亀山社中編)その他多数

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!