2018年 7月 22日 (日)

ビジネスにも使える「かわいがられる」法 「5000人人脈」カラテカ入江が全面公開

印刷

   「入江くらいの才能で、これだけ仕事があるのは奇跡だな」。こう先輩から言われたお笑い芸人カラテカの入江慎也さん(35)は、最初はちょっとへこんでしまった。

   それは、入江さんがお笑いの実力ではなく、「人のつながりで仕事をゲットしている」という意味合いだと受け取ったからだ。なにしろ入江さんは、「友だち5000人芸人」なのだ。しかし、入江さんは「逆にこれはぼくの強みだし、武器なんじゃないか」と思い直し、人脈を広げる「後輩力」に一層磨きをかけた。その入江さんが、著書『後輩力 凡人の僕が、友だち5000人になれた秘けつ』(アスコム、1365円)を出した。

「お礼メール」は何時に送ればいい?

『後輩力 凡人の僕が友だち5000人になれた秘けつ』
『後輩力 凡人の僕が友だち5000人になれた秘けつ』

   入江さんは著書で、人間関係を上手に築く「後輩力」について、その磨き方や実践方法などを明かしている。

   「後輩力」とは、端的にいえば「先輩を大切にして、かわいがられるチカラ」だ。そう聞くと、「先輩にこびてコバンザメみたいにくっついている」人物を連想する人もいるかもしれない。しかし、入江さんはそういうことではないと断言する。「後輩にもプライドがあります」。

   先輩にただ、くっついているのではなく、「先輩のために自分のできることをやる」「先輩の姿を見て勉強する」ことが、「後輩力」を語る上で大切な心構えのようだ。

   ではどうやって「後輩力」を磨くのか。――先輩への「お礼メール」は何時に送ればいいのか、先輩の誕生日や家族の名前の記憶術、誰とでも話せる魔法のキーワード「iPhone(アイフォーン)」とは?――などなど、具体的な小ワザを多数、披露している。

   いずれも「先輩」への細かい気遣いがにじんでおり、相手を「営業先」や「上司」、「友だち」に置き換えても簡単に応用できる。人脈作りに励む営業マンなど、芸能界以外のさまざまな分野の人も参考にできそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中