2018年 6月 21日 (木)

1人乗り超小型電気自動車 満充電で約50キロ走行「コムス」

印刷

   トヨタ車体(愛知・刈谷市)は2012年7月3日、1人乗りの超小型電気自動車(EV)「コムス」を発売した。メーカー希望小売価格は、66万8000円~。

時速60キロの最高速度を達成

写真は、P・COM(ライムグリーン)
写真は、P・COM(ライムグリーン)

   「バイクのような爽快感と機動性、クルマの安心感をあわせもつ新しいモビリティー」をコンセプトに、エクステリアはワンモーションシルエットと四隅に配したタイヤを強調する造形とし、コンパクトさと安定感を表現したほか、インテリアではインストルメントパネルとシートにこだわり、「今までにないオープンエアな感覚の室内空間を実現した」という。

   またモーターは、最高出力と最大トルクを高め、独自開発のインバーターを採用することで、力強く滑らかな加速感を実現しただけでなく、最高速度は時速60キロメートルを達成している。高性能な駆動ユニットと転がり抵抗を低減したラジアルタイヤの採用により、満充電で約50キロメートル(JC08モード相当)走行可能だ。

   ボディーバリエーションは、個人利用を主体としたP・COMと業務用に最適なB・COMの2タイプを用意した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中