「iGoogle」1年後に停止へ グーグル「夏の大掃除」発表

印刷

   米Google(グーグル)は現地時間2012年7月4日、公式ブログ上で、一部製品およびサービスの終了を発表した。一般のユーザーに身近なものでは、「iGoogle」のサービスを2013年11月1日に停止する。

クロムやアンドロイドの登場で役割を終えた

「iGoogle」2013年11月1日に停止
「iGoogle」2013年11月1日に停止

   iGoogleは、メールやスケジュールといったさまざまな最新情報を1ページに集約できるサービスだ。2005年の登場時には、まだアプリやサイトが利用者個人に最適化された最新情報を集めるという発想が無く、ホームページに設定する人も多かったが、クロムやアンドロイドの登場により、いまやその役割を終えたという。移行期間として16か月の猶予がある。

   このほか、企業向けのイントラネット検索ソリューション「Google mini」(グーグルミニ)、Google Talkをサイトに埋め込むウィジェット「Google Talk Chatback」(グーグルトークチャットバック)、YouTube(ユーチューブ)へ移行した「Google Video」(グーグルビデオ)、「Symbian Search App」(シンビアンサーチアプリ)の提供も停止する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中