2018年 7月 23日 (月)

「初の平成生まれ」も 第147回芥川賞・直木賞候補作発表

印刷

   日本文学振興協会は2012年7月4日、第147回芥川賞・直木賞の候補作を発表した。両賞にそれぞれ5作品をノミネートした。

   芥川賞の候補作は、戌井昭人さんの「ひっ」(新潮6月号)、鹿島田真希さんの「冥土めぐり」(文藝春号)、鈴木善徳さんの「河童日誌」(文學界5月号)、舞城王太郎さんの「短編五芒星」(群像3月号)、山下澄人さんの「ギッちょん」(文學界6月号)。

   直木賞の候補作は朝井リョウさんの「もういちど生まれる」(幻冬舎)、辻村深月さんの「鍵のない夢を見る」(文藝春秋)、貫井徳郎さんの「新月譚」(文藝春秋)、原田マハさんの「楽園のカンヴァス」(新潮社)、宮内悠介さんの「盤上の夜」(東京創元社)。

   1989年生まれの朝井リョウさんの作品がリストにあがったことで、直木賞候補作家に初の「平成生まれ」がノミネートされた形になり、注目を集めている。

   選考会は17日に東京都内でおこなわれる予定だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中