寝ている間に視力補正 東レ、治療用「コンタクトレンズ」開発

印刷

   東レ(東京・中央区)は2012年7月2日から、視力補正法オルソケラトロジー治療に使用する治療用レンズ「ブレスオーコレクト」を販売している。

専門医の処方のもとでのみ購入可能

装用することで角膜形状を変化させる
装用することで角膜形状を変化させる

   近視および近視性乱視の人の、オルソケラトロジー治療のためのレンズだ。従来の視力補正用コンタクトレンズと異なり、レンズの内面に特殊な4つのカーブを有しており、就寝中に装用することで角膜形状を扁平化させる。オルソケラトロジー治療とは、レンズを装用することで角膜形状を変化させ、脱着後一定時間にわたって裸眼視力を改善させるという治療法だ。

   日中裸眼での生活を望みながらもレーシック等の屈折矯正手術に抵抗感がある人のニーズに応えて開発した。

   オルソケラトロジー治療用レンズは、2000年頃から一部の医師が海外からの輸入品を処方していたが、純国産のものの販売は初めてという。欧米人と比較して、中心部に突出の少ない球形角膜形状が多いと言われている日本人にあわせ、レンズの内面カーブを調整した。

   購入には、日本眼科学会指定のレンズ処方講習会、および製造販売業者が実施する導入時講習会の両方を受講し証明を受けた、日本眼科学会認定の眼科専門医の処方が必要だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中