2018年 7月 16日 (月)

最新スロット「パイレーツワールド」がアプリに 3D演出も再現、臨場感たっぷり

印刷

   2012年6月ホールに登場した最新スロット機「パイレーツワールド」(大都技研)のAndroid(アンドロイド)向けシミュレーターアプリを、ディーピー(東京・千代田区)が2012年7月3日から配信している。

ディーピーがアンドロイド向けに開発

ボタンなどの操作感も、できるだけ実機に近づけた
ボタンなどの操作感も、できるだけ実機に近づけた

   「パイレーツワールド」は海賊をテーマにしたスロット機で、「デュアルドライブシステム」などの新システムや、高ポイント獲得を目指す「俺力(オレヂカラ)」がカギを握るゲーム性を搭載する。

   今回のアンドロイド向けアプリでは、同機の売りの「3D演出」やシャッター動作、また細かなサウンドにいたるまで再現し、実機さながらの臨場感を味わえるよう工夫した。ディーピーでは以前にも大都技研の「押忍!番長2」のアプリ化を行っているが、今回のクオリティは同作以上の出来栄えだと同社は自信を見せている。

   価格は1500円。ダウンロードURLはhttps://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.dpcorp.sp.simppw

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中