「マルチスペース」採用 ホンダ「N BOX +」

印刷

   ホンダ(Honda)は2012年7月6日、軽自動車「N」シリーズ第2弾となる「N BOX +(エヌ ボックス プラス)」を発売した。全国メーカー希望小売価格は、135万~187万円。

積載性も向上

「N BOX +」2トーンカラースタイル(FF)
「N BOX +」2トーンカラースタイル(FF)

   新設計のパワープラントなどにより広い荷室空間を実現した「N BOX +」は、大小2つのマルチボードとエンドボードにより、さまざまな荷室モードやフラットなベッドモードなどへ、多彩にアレンジできる「マルチスペースシステム」を採用している。

   また、独自のパッケージングテクノロジー「センタータンクレイアウト」による低床のフロアがさらに斜めになったので、アルミスロープを組み合わせると、車体の床面と地面を地続きにすることができ、荷物や道具の積み降ろしが容易になっている。

   クラストップレベルの高出力・高トルクDOHCエンジンと、動力効率の高いCVT(無段変速オートマチック)を組み合わせたほか、アイドリングストップ機構などの採用により21.2キロ毎リットルの燃費性能を実現した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中