「華麗なる失敗作」が帰ってくる ガリガリ君が「変身」

印刷

   赤城乳業(埼玉・深谷市)は2012年7月10日、「吸う」ガリガリ君をコンセプトに開発した「シャリシャリ君ソーダ」を、東京都と東北6県のコンビニエンスストアで数量限定発売した。希望小売価格は、126円。

スティックタイプと異なる食感

ソーダ味の「シャリシャリ君」
ソーダ味の「シャリシャリ君」

   同社が「華麗なる失敗作」としている、2005年・2006年夏の2シーズンのみ発売された「シャリシャリ君ソーダバニラ」。そんな「シャリシャリ君」がソーダ味になって帰ってくる。

   ガリガリ君ソーダの真ん中、「シャリシャリ食感」のかき氷部分だけをブロー容器に閉じ込めたことで、スティックタイプの「ガリガリ食感」とは違ったソーダかき氷が楽しめるという。

   パッケージの「ガリガリ君」も、マスクをかぶった「シャリシャリ君」へと変身した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中