新潟で「夏の雪遊び」いかが ゆるキャラ「レルヒさん」が決死のPR

印刷

   新潟県が2012年の夏に展開する「夏の雪」イベント「サマースノーフェスティバル」をPRするため、ゆるキャラ「レルヒさん」率いるキャラバン隊が7月10日、J-CASTニュース編集部を訪れた。

11日には都内で「夏の雪」イベントも

10日、編集部を訪問したレルヒさん(右)と金井塚美貴さん(左)
10日、編集部を訪問したレルヒさん(右)と金井塚美貴さん(左)

   「サマースノーフェスティバル」は、冬場から保管しておいた雪を使い、夏なのにソリすべりなどの雪遊びを楽しめる場や、雪で冷やした食べ物を販売する「雪室コンビニ」を設置するという「世界有数の雪国」新潟県ならではの企画だ。7月下旬から8月下旬にかけ、県内約20の会場で開催する。

   日本のスキー発祥100周年を記念して誕生し、現在は新潟県のPRキャラとして活躍中のレルヒさんは雪室コンビニの「店長」を任されており、この日はトレードマークのスキー板のほか、「雪の宅配便」など新潟の名産品を手に編集部を訪問、「およそ2700mm」という高身長のため天井に頭を引っかけながらも、Vサインで愛嬌を振りまいた。同行した準ミス苗場2012・金井塚美貴さんは、

「東京からも近いし、小さい子どもとかもすごく楽しめると思います。夏といえば海ですが、それだけではなくて、『雪』のある山にもぜひお越しください」

と新潟の観光をアピールした。

   11日には東京・表参道の「新潟館ネスパス」で、約4トンの雪を使った雪祭りと雪室コンビニのデモンストレーションも実施される。開催時間は14時~15時。入場無料。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中