2018年 7月 16日 (月)

「野太い低音」しっかり再生 ポータブルヘッドホンアンプ

印刷

   CAVジャパン(東京・港区)は2012年7月中旬、スマートフォン向けオーディオブランド「BuruTta(ブリュッタ)」の第2弾となる、バッテリー内蔵ポータブルヘッドホンアンプ「BRT-PA1」を発売する。価格はオープンだが、想定実売価格は1万9800円前後とみられる。

中高音域もカバー

ブラック基調のボディー
ブラック基調のボディー

   スマートフォンやアイポッドといったデジタルオーディオプレーヤーの音楽を、野太くタイトでパワーのある低域まで再生するポータブルヘッドホンアンプだ。ビート系サウンドが特徴で、低音域に加えて中高音域も「抜けが良く、気持ちの良い再生を実現する」という。

   また「BASS BOOSTスイッチ」を搭載し、「NORM」から「BASS」にスライドすると、さらに躍動感のある重低音が増強されるほか、ボリューム機構をきめ細かく調整し、ホワイトノイズを低減している。

   充電式リチウム電池を内蔵し、約15時間の長時間連続再生が可能だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中