【Paris発】妙に明るいコスプレ・フランス人 「日本エキスポ」人気、今年も健在

印刷

   フランスのみならず、ヨーロッパ近隣諸国から、ニッポン・カルチャーのファンがパリの見本市会場に大集合する、ジャパンエキスポ。今回2012年の入場者数は20万人を突破した。

   また、本家パリのみならず、4年前からはフランス南部のマルセイユ、2011年からは、中部オルレアンとベルギーのブリュッセルでも開催され、いずれも今後、毎年行われる予定だという。国境を超えて、広がるジャパンエキスポの勢いが止まらない。

明るいオタクたちが、会場を闊歩

会場に一歩入ると…
会場に一歩入ると…

   ジャパンエキスポの会場に一歩入ると、まず、目につくのがコスプレ姿の若者たち。アニメやSF映画の主人公に扮したり、ロリータファッションに身を包んだり、の10~20代の若者たちが会場を闊歩し、日本のコミック、アニメグッズを販売するブースに群がる。

   今年の名誉ゲストのきゃりーぱみゅぱみゅのライブに熱狂し、漫画家・浦沢直樹のサイン会のために朝早くから列を作る。日本のコミケのイメージだが、フランスの若者たちはさすがラテン系だけあって、オタクと呼ぶには妙に明るい。

   ジャパンエキスポ事務局で、国際マーケティングを担当している柳沢氏は、「日本ではジャパンエキスポ=コミケと捉える人が多いようですが、実際は日本の伝統文化や最先端ハイテクを紹介したり、観光をテーマにしたりするブースもある、日本に関連して幅広いテーマを扱うイベントです」

   派手なコスプレについ目がいってしまうが、確かに、伝統工芸品や和雑貨の展示販売ブースも混雑しているし、書道や武道のデモンストレーションなども人を集めている。

日本からの出展者は2割

若者たちの購買力は?
若者たちの購買力は?

   ただ、日本から来ている出展者は、全体の2割程度だという。ジャパンカルチャーのファンが20万人も集まるこの大イベント、ホンモノの日本を紹介するためにも、ぜひ、日本からの出展者を5割くらいに引き上げたいところだが、コミケ、若者向けイベントのイメージが先行して、日本の企業やアーティストが、参加を躊躇しているフシがある。

   「確かに15-25才が入場者の圧倒的な割合を占めますが、家族連れも来ているし、それに1人当たりの平均消費額は約200ユーロと低くはありません。ヨーロッパ進出を考えている日本の企業には、PRやマーケティングに活用していただきたい。最初は視察でもいいので、ぜひ、ジャパンエキスポに足を運んでほしいですね」と柳沢氏。実際に数回出展して、リサーチ、ネットワーク作りをした後、フランス法人を立ち上げた企業もあるという。

   ジャパンエキスポは、今後、ヨーロッパ諸国への展開も視野に入れていると聞く。若者向けイベントとあなどるなかれ、彼らの可処分所得が増えるであろう、5~10年後を見越して、ジャパンエキスポでヨーロッパ市場開拓を探るという方法もありかも。

江草由香

子どもたちも武道を体験
子どもたちも武道を体験

【プロフィル】
江草由香(えぐさ ゆか)
フリー・編集ライター。96年からパリ在住。ライターとして日本のメディアに寄稿しながら、パリ発日本語フリーペーパー『ビズ』http://www.bisoupfj.comの編集長を務める。著書は芝山由美のペンネームで『夢は待ってくれるー女32才厄年 フランスに渡る』。趣味は映画観賞。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中