2018年 7月 20日 (金)

トイレは男女共用です 最新「海外トイレ事情」

印刷

   旅行クチコミサイト「TripAdvisor」の日本法人であるトリップアドバイザー(東京・渋谷区)は2012年7月13日、毎週公開する「トリップグラフィックス」の第37回として、「海外トイレ事情」を公開した。

お国柄が出る「トイレうんちく」も

世界各国の「トイレ」がまとめられている
世界各国の「トイレ」がまとめられている

   海外の旅先で文化の違いを実感するもの、それはトイレ。トイレの場所が分からなかったり、日本とは勝手が違ったりするので、旅先のトイレについては事前に知識を持っておきたいところだ。今回の「トリップグラフィックス」では、海外のトイレ事情について、トイレの場所の聞き方とトイレの文字表記、各国の「トイレうんちく」がまとめられている。

   英語でも「トイレ」「レストルーム」「ウォッシュルーム」「ラヴァトリー」とさまざまな言い方があるトイレ。日本人になじみがある「ウェア イズ トイレ?」はオーストラリアや南アフリカで主に使われているようだ。

   また、各国のトイレにまつわるうんちくは、その国の事情をよく表しているものが多い。環境先進国のフィンランドでは、排泄物を堆肥化するコンポストトイレが普及しているほか、ニューハーフの多さで知られるタイでは男女兼用のトイレが増えていて、この設備を取り入れた学校もあるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中