2018年 7月 16日 (月)

「やら米か」米袋デザイン、決定 地元・浜松の凧あしらう

印刷

   浜松地域特別栽培米研究会(静岡県)は、「やら米か」(やらまいか)米袋デザインコンテストの受賞者を発表した。

2012年秋の「新米」の公式米袋デザインに

地元・浜松らしい凧をイメージ
地元・浜松らしい凧をイメージ

   最優秀賞の「やら米か大賞」に輝いたのは、静岡市葵区の青木隆明さんの作品で、画面いっぱいに配置された文字が特徴となっている。地元・浜松らしい凧をあしらった、高級感がありつつすっきりとした現代的なデザインが評価された。2012年秋の「新米」の公式米袋に採用する予定だ。

   「やら米か」は同会の会員が化学農薬と化学肥料を半分以下に抑えて特別栽培により生産したもののなかから、食味計による数値が高く、さらに粒が大きくそろったものだけを選別したものだ。

   応募総数は587作品。うち、12作品が入賞した。2012年7月10日、公式ホームページ上で発表された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中