アートで新潟の魅力発信 「水と土の芸術祭」開催中

印刷

   水と土の芸術祭実行委員会は、「転換点~地域と生命の再生に向けて~」をテーマとして「開港都市にいがた 水と土の芸術祭2012」を2012年7月14日から、新潟市内で開催中だ。

新潟市内各地でイベント開催

新潟の暮らしを「アート」で伝える
新潟の暮らしを「アート」で伝える

   アートプロジェクト(約65の作品展示、参加型プロジェクト、パフォーマンス)や市民プロジェクト(まち歩き、伝統芸能、おもてなしなど)、こどもプロジェクト(アートワークショップ、鑑賞活動)、シンポジウム(「自然との共生」をテーマにしたシンポジウムと楽しく学べる「みずっち学校」)が展開される。感性、記憶、言葉の3つのテーマを軸としていくという。

   万代島旧水揚場(新潟市中央区)をメイン会場とし、旧齋藤家別邸、信濃川やすらぎ堤、ほか市内各地でイベントが催される予定だ。開催期間は12月24日まで。

   価格は前売り1500円、当日2000円。学生・シルバー割引があり、中学生以下は無料。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中