音量なんと「銃声並み」 世界一「うるさい」自転車ホーン日本上陸

印刷

   自転車で車道を走っていると、大型車などに自分の存在を気づいてもらえず、危うくひかれそうに――なんて場面がよくある。ベルを鳴らしてアピールしても、車の中のドライバーまでその音はなかなか届かない。

   こうした問題を解決するため英国で開発されたのが、自転車ホーン「Hornit(ホーニット) db140」だ。その音量「140デシベル」は銃声にも匹敵し、公式サイトによれば市販のホーンとしては「世界最大」音量だという。

「犬もびっくり」

超大音量の「ホーニット db140」
超大音量の「ホーニット db140」

   電池式で、ハンドルに取り付けてトリガーを引くと「ピリピリピリ……」と甲高い警告音が鳴り響く。ドライバーにはもちろん、歩行者に対してもかなり離れた位置からその存在をアピールすることが可能だ。

   公式サイトではユーザーの声として、

「会社の6階で鳴らしてみたところ、7階にある私たちのオフィスでもその音を聞くことができました」(シンガポール)
「今日初めて使って歩行者に警告して、犬をびっくりさせてしまいました。すごい!!」(ニュージーランド)

といった感想が紹介されている。日本での発売は2012年7月中を予定。4500円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中