2018年 7月 23日 (月)

投げたゴミ、自動でキャッチ! 「勝手に入るゴミ箱」にネット騒然

印刷

   離れたところにあるゴミ箱にゴミを放り投げたけど、狙いを外して結局歩いて捨てに行く羽目に――そんな悔しさとおさらばできそうな「次世代のゴミ箱」が誕生した。

   ある個人ユーザーが2012年7月19日、「ニコニコ動画」上に製作・動作の模様を収めた動画を投稿したもので、物を放り投げると即座に反応、落下地点に先回りしてキャッチするという、まさに「勝手に入るゴミ箱」。投稿から1日足らずで20万回再生を突破するなど、ネットは騒然となっている。

落下地点に先回りして、ゴミすっぽり

放り投げたボールも、さっと動いてしっかりキャッチ(動画より)
放り投げたボールも、さっと動いてしっかりキャッチ(動画より)

   どこにでもあるような普通のゴミ箱の底をくり抜き、そこに電動の台車を取り付けている。この台車は壁に取り付けられたセンサーに連動して動くように設計されており、ゴミを放り投げるとセンサーが探知、台車付きゴミ箱は自動的にゴミを追い、落ちてくるところを首尾よくキャッチする――という仕掛けだ。

   動画ではユーザーが投げた紙くずやボール、空き缶、ぬいぐるみなどを見事に受け止める姿が映し出されている。投稿者によると、「実は命中精度まだまだです。結構外します」とのことだが、視聴者からは、

「すげええええええええええええええ」
「天才」
「商品化してくれwwww」
「1万円なら買うw」

などと驚きの声、また商品化を求める声が相次いでいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中