ネット企業の成功者、突然「詩人」になる 喜寿の言いたい放題と絶叫

印刷

   詩人になりたい、詩集を出したい。そういう夢を持つ人は少なくない。しかし、それを実現しようとすると……。

   77歳、喜寿になって突然、詩人となり、詩集を出版した山川三多さん。タイトルがなんと『ざまぁみろ』(敬文舎)。落語家の立川志の輔さんが「平成の小言幸兵衛」と評する言いたい放題、絶叫である。ちょっとつまんでみると、

「書名は『ほれ見たことか』でも良かったけど…」

『ざまぁみろ』
『ざまぁみろ』
ウラミ(の一節、以下同)
「オイ
小便ハ出ルカ
タトエ血ノ小便ニナッテモ
出ルウチハ
死ナナイ」
逆算
「逆算シナケレバナラナクナッタ
自分ノタメ愛スル人ノタメ
家族ノタメ会社ノタメ業界ノタメ
地域ノタメ文化ノタメ国益ノタメ

スベテガ限界ヲ超エ始メタ
地球ニ余裕ガ無クナッタ(略)」
「女ハ顔ダ
便秘持チデモ
冷エ性デモ
顔ダ顔ナノダ

アア ナツカシイナア
胴長ノ大根足」

   1年ほどで書き綴った約150編から39編を選んでいる。両親への思い、生と死、老い、女のことなど、人生への思いの集大成である。

   作者(ペンネーム)は1部上場企業、「朝日ネット」の創業者で、社長、会長を歴任した大株主。ネット界成功者の一人である。本人は「書名は『ほれ見たことか』でも良かったけど、友人の画家に,これぐらいに、といわれて」という。詩は初めてだが、俳句、短歌を長年たしなんできた人である。

   2012年7月、刊行された。1000円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中