2018年 7月 16日 (月)

フロッピーにもまだ使い道ある!? 意外すぎる「有効活用」カバン

印刷

   かつては盛んに使われたものの、今ではすっかり活躍の場を失ってしまった3.5インチフロッピーディスク。そんなフロッピーをリサイクルして製作したカバン「Geeky Floppy Disk Bag(ギーキー・フロッピーディスク・バッグ)」が、米の手作り商品販売サイト「Esty(エスティ)」に出品されている。

カバンとしての容量は「応相談」

守りたい、このフロッピー
守りたい、このフロッピー

   素材の良さを生かしているというべきか「そのまんま」というべきか、フロッピーをつなぎ合わせてカバン紐を付けただけというシンプルな作りだ。写真のバッグを見ると、縦横のサイズはフロッピー2枚分、奥行きはフロッピー1枚分と、フロッピー自体がそうだったように容量は決して大きくはない。ただしサイズなどについては在庫次第で「応相談」とのことだ。使い道として製作者は、「ランチボックス」「小銭入れ」「カード入れ」などを挙げている。

   米モントレー在住の女性が製作した一品物の商品で、2012年7月現在8種類のカラーバリエーションが登録されている。価格は35ドル(約2800円、送料別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中