2018年 7月 18日 (水)

直噴スーパーチャージャー搭載 新型日産「ノート」

印刷

   日産自動車は2012年7月16日、横浜大さん橋で行ったワールドプレミアイベントで、新型グローバルコンパクトカーを初公開した。このモデルは日本における次期型「ノート」となり、9月に発売される。

クラストップレベルの低燃費・低排出ガスを実現

ダイナミックなデザイン
ダイナミックなデザイン

   新型グローバルコンパクトカーは、ダイナミックなデザインと広く快適な室内空間に加え、先進的なエンジン技術と軽量プラットフォーム、空力に優れたボディーを組み合わせることでクラストップレベルの低燃費・低排出ガスを実現している。

   日本で9月に発売される新型「ノート」には、新開発の直噴スーパーチャージャーを搭載した「HR12DDR」エンジン(DIG-S エコ スーパーチャージャー)と「HR12DE」エンジンをラインアップし、2WD車にはアイドリングストップシステムを採用。トランスミッションは全車に副変速機付きエクストロニックCVT(無段変速機)を搭載する。

   「HR12DDR」エンジンは、3気筒の1.2リッター直噴ミラーサイクルエンジンにスーパーチャージャーを搭載し、過給(圧縮空気をエンジンへ供給)による高い応答性を生かして1.5リッター並のトルクを発生しながら、「力強く気持ちの良い走り」と、25.2キロメートル毎リットル(JC08モード)という低燃費を両立している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中