年収1000万円以下は帰れ! 金持ち様?靴舐めます! 不動産サイト「楽待」がすごいことに

印刷

   「あなたの年収は1000万円以上ですか?」――トップページに掲載された単刀直入すぎる質問に、「はい」を選ぶと今にも靴も舐めんばかりのおべんちゃらの嵐、一方「いいえ」を選ぶと、「帰れ!貧乏人!」「しっしっ」というあまりに酷すぎる扱い……

   そんなサイトを公開したのが、収益物件のマッチングサイト「不動産投資の楽待」だ。2012年7月24日に特設ページを公開するやたちまちTwitter(ツイッター)などで話題になり、一時サイトにつながりにくくなるなど、運営元も驚くほどの評判となっている。

サイトの中身はいたって真面目です

「年収1000万円以上」だと上図のような大歓迎、一方「1000万円以下」だと…
「年収1000万円以上」だと上図のような大歓迎、一方「1000万円以下」だと…

   そもそも「楽待」は2006年に運営を開始、不動産情報サイトの中でも、投資用の物件に特化したサービスを展開していることで知られる、おふざけなどとは本来無縁の真っ当な情報サイトだ。掲載物件数は7月12日時点で1万4660件、同種のサイトとしては国内No.1を誇る。

   ところが今回オープンした特設サイトは方向性を180度転換、「年収1000万円以上」を選ぶと、担当者が「ニタァ~」といやらしい笑みにもみ手で出迎え、

「財を持つあなたにぴったりの収益物件のマッチングサイト」
「お近づきのしるしにメロンを…」
「お客様が素晴らしすぎて『3回まわってワン!』をしておりました! 今後はご主人様とお呼びしてもよろしいでしょうか?」

と徹底的に訪問者を持ち上げつつ、サービスの案内をしてくれる。

   一方、「1000万円以下」を選ぶと、

「財を持たぬあなたには見る必要がない収益物件のマッチングサイト」
「ほれ、ドッグフード。これ、食ったらすぐに帰ってよ?」
「帰れ!貧乏人!うぉ~~い、もっと塩もってこい!!」

などと罵詈雑言の嵐で、サービス内容さえコーヒーがこぼれていたり文字が薄くなっていたりと、ろくに読ませてもらえない。なお途中には「大企業の社長令嬢と結婚する予定でして…」「アラブの石油王が親友です」といった選択肢があり、これを選ぶと手のひらを返したように「年収1000万円以上」用ページでの歓待を受けることができる。

実は年収500万円くらいの人もよく見ているとか

   制作は「オモコロ」などユニークなウェブコンテンツ作りで知られるバーグハンバーグバーグ。ツイッターでは、

「わらったwぶっとびまくってるwww」
「やり過ぎているが好感持てる謎のバランス感覚がスゴいwww」
「悔しいけど結構好き・・・」

などと好評の声が目立つ。

   「楽待」運営元のファーストロジック(東京・港区)・坂口直大社長は、

「『楽待』はこれまで真面目なコンテンツでやってきたが、物件掲載数が業界No.1となった記念もあり、普段接する機会がない人にもソーシャルメディアを通じた口コミで知ってもらいたい、という思いから今回の特設ページを開設しました。楽待がターゲットとする比較的若い世代なら、こうしたネタも理解してもらえるのではないかと。幸い今のところはクレームもありません」

と狙いを明かす。なお「年収1000万円以下は見るな」の煽りに違わず、「楽待」利用者も年収1000~2000万円の層が多いというが、「年収500~600万円前後でも、リーマンショックや雇用不安もあり、リスクヘッジのために利用する人もおられます」と、意外な情報も明かした。

   URLは、http://www.rakumachi.jp/about/special/

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中