推理ボードゲームの世界的名作、ついに日本上陸 60年以上人気の「クルード」

印刷

   タカラトミーは2012年7月26日、英国発の推理ボードゲーム「CLUEDO(クルード)」を発売する。

   2~6人向け、大富豪失踪事件の謎を追うミステリー仕立てのゲームだ。年齢・性別を問わず楽しめる内容で、友達や家族同士「名探偵」気分で推理合戦を繰り広げることができる。

大富豪失踪事件を追え!

海外で人気の「クルード」が日本上陸。夏の夜長に楽しめそうだ
海外で人気の「クルード」が日本上陸。夏の夜長に楽しめそうだ

   「クルード」は1949年に誕生、本場英国だけでなく最近では米国でも人気を呼んでいるゲームだ。舞台はとある邸宅、主である大富豪サムエル・ブラックが突然謎の失踪を遂げる。容疑者はその日邸宅を訪れていた6人の男女。政治家、弁護士、ギャンブラーなど、大富豪とはいずれも因縁がある曲者たちだ。

   プレイヤーはいったい「誰が」「何を使って」「どこで」大富豪を連れ去ったのか、探偵となって推理することとなる。館の中をサイコロの目に沿って移動しながら、推理を披露することで他のプレイヤーが持つ手がかりが記された手札をチェックしていき、いち早く真相にたどり着いた人の勝利だ。

   対象年齢は8歳以上。価格は3150円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中