HMD「モベリオ BT-100」に新機能 ホームネットワークや「持ち出し」に対応

印刷

   エプソンは2011年11月に発売したメガネ型のシースルーモバイルビューアー(ヘッドマウントディスプレー:HMD)「MOVERIO(モベリオ) BT-100」に新機能を追加することを2012年7月26日、発表した。

   BT-100は画面部分がシースルータイプのため、視聴中も周りの様子を確認できる点が大きな特徴だ。またAndroid(アンドロイド)OSを搭載し、Wi-Fiを通じてウェブコンテンツも閲覧可能となっている。

「ひかりTVどこでも」やビデオカメラ、ワンセグとも連携

機能をさらに追加した「MOVERIO(モベリオ) BT-100」
機能をさらに追加した「MOVERIO(モベリオ) BT-100」

   今回追加されたのはデジタル家電やPCなどと機器を相互接続できる「ホームネットワーク機能(DLNA DTCP-IP)」や、microSDカードを介した「持ち出し機能(CPRM対応)」などで、これによりブルーレイ/DVDレコーダーなどに録画された番組・映画などを家の中で、あるいは外出先で、と場所を選ばず鑑賞することができるようになった。

   このほか、JVCケンウッドのビデオカメラ「Everio(エブリオ)」とWi-Fi接続することでファインダー代わりにしてビデオカメラを遠隔操作、さらにポータブルワンセグチューナー「MeoTune(ミーオチューン)」との併用で地デジ視聴――など利用の幅を拡大した。また9月以降にはビデオ作品数千本を配信する「ひかりTVどこでも」にも対応する予定だ(ひかりTVへの加入が必要)。

   価格はオープン。すでに購入済みの利用者には無償でアップデートを行う。また8月1日~10月31日まで「MOVERIOでワンセグを見よう!キャンペーン」を実施、アンケートに答えた先着300人に「ミーオチューン」をプレゼントする。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中