たまった書類、「ショットドックス」で即デジタル化

印刷

   キングジム(東京・千代田区)は、クリアーファイルやホルダーに収納した書類をiPhone(アイフォーン)で撮影することでデジタル化することができるファイルシリーズ「ショットドックス」を2012年8月8日から発売する。

自動補正できれいに保存

さまざまなバリエーションのファイルやホルダー
さまざまなバリエーションのファイルやホルダー

   「ショットドックス」に収納した書類を、アイフォーンの専用アプリケーションで撮影するだけでデジタル化することができる。収納された書類の端の位置を読み取ることで、余白部分のカットや台形補正などを自動で行い、書類部分のみが取り込まれる。

   取り込んだ書類はすぐに確認し、メール送信やクラウドサービスに投稿して共有することも可能。

   専用アプリ「SHOT DOCS App(ショットドックスアプリ)」は現在、アイフォーンのみの対応だが、アンドロイド版も年内に公開予定だ。

   価格はクリアーファイル(20ポケット)514円、クリアーホルダー(3枚パック)262円、名刺ホルダーコンパクトタイプ(120ポケット)367円など。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中