吸収仕事率「最大約640ワット」 自動停止機能も備えた強力掃除機

印刷
本体3.4キログラムの小型軽量化ボディ!!(写真は、「VC‐PG212」)
本体3.4キログラムの小型軽量化ボディ!!(写真は、「VC‐PG212」)

   東芝ホームアプライアンスは、紙パック式クリーナーの新製品「VC‐PG212」を、2012年8月1日に発売する。

   本体が3.4キログラムの小型軽量化ボディに、強力モーターを搭載しており、吸込仕事率は最大約640ワット。また、省エネに配慮し、強モードに比べて消費電力量を最大約60%削減できる「ecoモード」を搭載している。

   さらに、床ブラシを持ち上げると6秒後には運転を停止する「節電アイドリング機能」も備えた。

   また排気の清潔さに配慮して、臭いをとらえるゼオライトフィルター、紙パック内の臭いを強力に脱臭する「光触媒脱臭フィルター」、微細な塵も約99%とらえて、抗菌・ウイルスの抑制に効果的な、イチョウ葉エキス入りの「フラボノイドフィルター」を搭載している。とくに「光触媒脱臭フィルター」は、ペットの臭いなどの主成分であるアンモニアを90%分解、脱臭する。

   手首への負担が少ない「らくわざグリップ」、本体の持ち運びがしやすい「前ハンドル」を採用した。

   色は、グランレッドとシルバー。

   また、本体が3.2キログラムの紙パック式クリーナー「VC‐PB9」、「VC‐PB8」、「VC‐PB7A」を、7月20日に発売する。

   「VC‐PB9」の吸込仕事率は、最大約640ワット、「VC‐PB8」と「VC‐PB7A」は最大約620ワット。また、いずれも「ecoモード」、「光触媒脱臭フィルター」、「らくわざグリップ」、「らくわざハンドル」を搭載している。

   いずれも、オープン価格。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中