高倍率ズームでもブレない 小型軽量「サイバーショット」

印刷

   ソニーは2012年8月3日、手軽に持ち歩いて撮影が楽しめる「サイバーショット DSC-WX170」を発売する。価格はオープンだが、想定実売価格は3万円前後とみられる。

高速オートフォーカスを実現

写真は、ホワイト
写真は、ホワイト

   高度な非球面ガラス成型技術を用いた独自開発の薄型非球面レンズ「AAレンズ」を採用したほか、部品配置を工夫することで、約119グラムの小型軽量ボディーに光学10倍ズームレンズを搭載したデジタルカメラだ。

   有効約1820万画素の裏面照射型「Exmor R(エクスモア アール)」CMOSセンサーと高速画像処理エンジン「BIONZ」、高性能「Gレンズ」の連携により、被写体の細部まで、シャープかつノイズを抑えた高画質撮影を実現している。

   また、ブレの量を高精度に検知して補正する手ブレ補正機能により、これまで手ブレしやすかった高倍率ズーム時にも手ブレを抑えた撮影ができるほか、オートフォーカス性能により明るい場所では最速約0.13秒、暗所では最速約0.20秒で被写体にピントを合わせることが可能だ。3.0型大型ワイドタッチパネル液晶を使って、撮りたい被写体にタッチするだけでピントが合う「タッチオートフォーカス」にも対応している。

   ボディーカラーは、ホワイト・ブラック・ピンク・ブラウンの4種類。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中