開催国なのに半数が「オリンピックに興味なし」? クールすぎるイギリス人、イプソス調査

印刷

   イプソス・ジャパン(東京・港区)は「オリンピックの観戦意向に関する調査」の結果を2012年7月30日までに発表した。調査によると、オリンピックの観戦を予定していると回答した人が、日本では76%にのぼった一方で、開催国であるイギリスは61%と24か国の中で下から4番目に低いことがわかった。

開催国であるのに人々はクール

開催国・イギリスは61%と24か国の中で下から4番目に低い
開催国・イギリスは61%と24か国の中で下から4番目に低い

   イギリスは「オリンピックに興味がある」と回答した人も50%と、トップのインド(85%)やそれに続く中国(82%)、韓国(78%)とくらべてかなり少ない。同社は「イギリスは開催国であるのに人々はクールである」とコメントしている。

   また、「最も気になる種目」については、対象国全体で陸上競技とサッカーがそれぞれ20%をしめ、同率1位となった。日本でもトップはサッカーで、ほぼ3人に1人(30%)が「最も気になる」と回答している。陸上は全体と同じ20%という結果だった。

   調査の対象としたのは世界24か国の16歳から64歳の1万8623人で、調査期間は6月5日から19日。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中