ハッとさせられる石川遼の「言葉力」 その結婚・女性観にも注目

印刷
「成功しても、失敗しても、ゴルフはすべてが自分の責任だ。そこに僕は惹かれる」

   15歳の衝撃デビューから5年、大人になった石川遼が「はじめて自分の言葉で語り下ろした」という話題の自伝、その名もズバリ『石川遼 自伝 僕の歩いてきた道』(1050円)が2012年7月25日に講談社より刊行され、ゴルフファンのみならず、各方面から注目を集めている。

「お前も入れてこい、そうしたら俺も入れてやる」

『石川遼 自伝 僕の歩いてきた道』
『石川遼 自伝 僕の歩いてきた道』

   そもそも、石川遼が、あれだけ多くの人々から愛されるのは、グリーン上での華麗で大胆なプレーだけではない。遼君自身から発せられる言葉の力----いわば「言葉力」もまた、彼の魅力の1つである。記者からコメントと求められるとき、あるいは公の席でのスピーチなどで、石川は思ったことを素直に、そして真っ直ぐに喋る。時にはユーモア、時には真摯な物腰で繰り出されるその言葉には、絶妙なセンスとパワーが漲っている。本書は、その石川遼の「言葉力」に注目したノンフィクション雑誌『G2』の企画から生まれたものだが、ページのいたるところに、思わず「ハッ」とさせられるような興味深い石川遼のコメントが並んでいる。

「どんな鳥でも、想像より高く飛ぶことはできない。僕はできるだけ大きな夢を見続けたい」
「プロゴルファーはライバルの失敗を望むよりも、『お前も入れてこい、そうしたら俺も入れてやる』ぐらいの気概でいなければいけない」
「オンとオフの切り替えは必要ない。自分はずっとオンのままでいい」

   座右の銘にしたいぐらいの、このような言葉がスッと出てくるあたり、やはり、石川遼の「言葉力」には非凡なものがある。

理想の女性像は?

   本書のもう一つの魅力は、石川遼が初めて自分の言葉で「結婚観」「理想の女性像」について語っている点だろう。

「できれば若いうちに結婚して子供が欲しいと思っている」
「僕が理想とする恋人のタイプは、自分が素でいられる女性だ」

   賢明な石川遼には、これらの言葉の1つ1つにも、ちゃんとした彼なりの「理由」がある。その詳細は本書に語られている。非凡なプロゴルファーの、意外な素顔がわかる一冊だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中