フォルクスワーゲン最上級モデル 4ドアクーペ「CC」

印刷

   フォルクスワーゲン グループ ジャパン(愛知・豊橋市)は2012年7月24日、国内で販売するフォルクスワーゲン乗用車の最上級モデルとして、4ドアクーペスタイルの「フォルクスワーゲンCC」を発売した。

小排気量エンジンで燃費も向上

車名の由来に見合ったデザインに
車名の由来に見合ったデザインに

   最新のフォルクスワーゲンデザインを踏襲し、フロントとリヤ部分を水平基調のデザインへと変更。ルーフからリヤエンドにかけて弧を描くサイドシルエットと大径の18インチタイヤ、フロントポジショニングランプなどに採用したLEDなどにより、「CC=Comfort Coupe(コンフォート クーペ)」という車名の由来に見合った、「エレガントで高級感のあるデザインにした」という。

   インテリアでは、シートに上質なナッパレザーを全席に採用しているほか、フロントガラスには遮音フィルムを内蔵、ボディー随所に遮音材を追加することで、優れた静粛性を確保している。

   また、高性能と低燃費を実現した1.8リッターTSIエンジンと7速DSGトランスミッション、ブレーキエネルギー回生システムなどの採用により、13.4キロメートル毎リットル(JC08モード)という燃費を達成した。

   全国希望小売価格は、標準仕様の「1.8TSI」が499万円、プリクラッシュブレーキシステム「フロントアシスト」などの先進安全装備を搭載した「1.8TSI テクノロジーパッケージ」が524万円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中