会えるぞ!「ガッチャマン」「ヤッターマン」… 懐かしアニメの資料ズラリ

印刷

   松屋銀座は、8階イベントスクエアで「50周年記念『タツノコプロテン』TATSUNOKO PRO.EXHIBITION」を2012年8月8日から8月20日まで開催する。

貴重なアニメ関連資料から300点を展示

(C)タツノコプロ
(C)タツノコプロ

   1962年の設立以来、日本アニメ界のパイオニアとして常にリードしてきたアニメ制作会社「竜の子プロダクション」の50周年を記念して開催される展覧会。

   同展では、創業者・吉田竜夫や九里一平が描いた迫力の肉筆原画や「科学忍者隊ガッチャマン」、「ヤッターマン」の制作に使用された設定画、「ハクション大魔王」や「マッハGoGoGO」のセル原画など、タツノコプロが保管してきた貴重なアニメ関連資料から300点を厳選して紹介する。

   また、展覧会場デザインは松屋銀座で開催された赤塚不二夫展、ゲゲゲ展、ルパン三世展に引き続き、ブックデザイナーの祖父江慎氏が担当する。

   入場料は一般1000円、高大生700円、中学生以下無料。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中