「スゴイ水」のCMが「スゴイ」 最新技術で表現する「複合現実感」、これは見入る

印刷

   プロジェクションマッピングという言葉をご存じだろうか。物体に映像を投影することで、現実とヴァーチャルとが融合したかのような「Mixed Reality(複合現実感:MR)」を表現する、最新の映像演出だ。

   このプロジェクションマッピングを採用したテレビCMを、家庭用軟水器メーカーの三浦工業(愛媛県松山市)が2012年8月1日からテレビ朝日の番組中でオンエアしている(関東エリアのみ)。ダンスとヒューマンビートボックス3人グループによる楽曲、そして映像とが溶け合ったリズム感あふれるCMだ。

高純度軟化水「自宅シャワー」お試しキャンペーンも

最新テクノロジーによるMRを味わえる三浦工業の新CM
最新テクノロジーによるMRを味わえる三浦工業の新CM

   三浦工業の手がける高純度軟化水「ウルトラピュアソフトウォーター」をPRするため、大広とチームラボが共同で手がけた。

   「ウルトラピュアソフトウォーター」は同社の約50年にわたる研究を生かし、通常の水道水の平均硬度が1リットル当たり約60ミリグラムのところ、同1ミリグラム以下に抑えた水だ。これにより肌や髪へのやさしさ、またせっけんカスや水あかの付きにくさを実現した。

   そんな「スゴイ水」を表現するべく、CMではダンサーの動きをリアルタイムで3Dスキャン、動きに合わせた映像をスタジオに投影するという最新技術で、まるで出演者が水中でダンスしているような映像を生み出している。

   オンエアは14日まで。なお三浦工業では現在、「ウルトラピュアソフトウォーター」を自宅のシャワーで試すことができる、6日間モニターキャンペーンも実施中だ。申し込みは同社サイト(https://www.miuraz.co.jp/promotion/)から。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中