2018年 7月 16日 (月)

「クラスナンバーワンの低燃費」 新ハイブリッド「セレナ」

印刷

   日産自動車は2012年7月18日、新開発のスマートシンプルハイブリッド「S-HYBRID」を「セレナ」に搭載し、8月に発売すると発表した。

サブバッテリーをエンジンルームに追加

ハイウェイスター G「S-HYBRID」
ハイウェイスター G「S-HYBRID」

   スマートシンプルハイブリッド「S-HYBRID」は、「セレナ」に搭載したECOモーターのエネルギー回生発電量と出力を高めて補助原動機化しただけでなく、蓄電容量を高めるためのサブバッテリーをエンジンルームに追加することで実現した、シンプルでコンパクトなハイブリッドシステムだ。

   すべてのシステムをエンジンルームに収めることで、「セレナ」の特長であるクラス最大の室内空間や使い勝手の良いシートアレンジはそのままに、15.2キロ毎リットルというクラスナンバーワンの低燃費(JC08モード燃費、2WD)を実現したとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中