2018年 7月 16日 (月)

航空機の操縦席のようなコックピット シトロエン「DS5」

印刷

   プジョー・シトロエン・ジャポン(東京・渋谷区)は、シトロエンDSラインのトップグレードとなる「DS5」を、2012年8月1日に発売した。車両本体価格は、400万円~。

「フレンチラグジュアリー」を具現化

写真は、欧州仕様車
写真は、欧州仕様車

   「DS ライン」の第3弾として日本に登場する「DS5」は、クーペのように滑らかなスタイルで、グランツーリスモとステーションワゴンを融合させた独自のフォルム、先進かつ上質なインテリアなど、「フレンチラグジュアリー」を具現化したというプレミアムカーだ。

   航空機の操縦席をイメージして作られたコックピットには、操縦かんを想起させるようなフラットボトムのスポーツステアリングや、視認性に優れた専用設計のディスプレーなどを採用している。

   エンジンには、1.6リッター・ツインスクロールターボエンジンを、ミッションにはアイシンAW製の6速オートマチックトランスミッションを装備した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中