桐島、映画始まるってよ 8月11日から「桐島、部活やめるってよ」公開

印刷

   映画「桐島、部活やめるってよ」(吉田大八監督)が2012年8月11日、全国で公開される。主演の神木隆之介さん(映画「妖怪大戦争」など出演)や橋本愛さんらが出演している。

   原作の同名小説は、2009年に小説すばる新人賞を受賞した朝井リョウさんのデビュー作で、朝井さんは当時、早稲田大学に在籍中だった。2012年春には集英社で文庫化された。

等身大の高校生描いた青春オムニバス

『桐島、部活やめるってよ』
『桐島、部活やめるってよ』

   「桐島」は、高校のバレー部キャプテンで、校内の「スター」。その桐島が部活を突然辞めたことで、校内の人間関係に微妙な変化が生まれ、その波紋が広がっていく――。等身大の高校生を描いた青春オムニバスだ。

   文庫版『桐島、部活やめるってよ』(500円)は、「文庫創刊35周年」集英社の夏の文庫フェア「ナツイチ」(96点)の1冊にラインナップされており、「発売以来ずっと注目されている人気作品」(集英社担当者)だ。「ナツイチ」では、人気漫画家が描き下ろした特別カバーの本も人気で、「新作カバー」では、漫画「るろうに剣心」の和月伸宏さんが描いた『新篇 眠狂四郎京洛勝負帖』(柴田錬三郎著)などに注目が集まっているという。

   映画「桐島、部活やめるってよ」について、朝井さんは2012年7月に都内の大学であった特別試写会で、小説の核はしっかり残した上で、「あとはがらっと映画にしてくれて大満足です」と語っている。読んでから観るか、観てから読むか、どちらでも楽しめそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中