2018年 5月 27日 (日)

まさに現代の「役者絵」 市川猿之助×長塚誠志写真展

印刷

   歌舞伎俳優・4代目市川猿之助さんを撮り続けている写真家・長塚誠志さんの写真展「市川亀治郎"飛"」が、東京・原宿のAudi Forum Tokyoで2012年8月27日まで開催されている。

「歌舞伎を見たこともない人にも見てほしい」

春興鏡獅子 獅子の精(C)Seishi Nagatsuka/8日、会場を訪れた猿之助さんと長塚さん
春興鏡獅子 獅子の精(C)Seishi Nagatsuka/8日、会場を訪れた猿之助さんと長塚さん

   猿之助さんは、この6月に4代目を襲名したばかり。今回の写真展は、2代目亀治郎時代の2002年以来、長塚さんが撮りためた膨大な量の写真の中から、厳選した48点を展示している。若手のトップの1人として歌舞伎人気を支え、古典の難役に次々に挑戦しながら芸域を広げてきた亀治郎時代の役者姿を、余すところなく伝えている。

   8日開催されたオープニングレセプションで、長塚さんの解説を受けながら会場を回った猿之助さんは、「(亀治郎時代の10年間)改めて、これだけ(役を)やってきたんだな」と感慨深げな様子で、集まった報道陣に対し、

「歌舞伎を見たことのない人にも見てほしい」

とPRしていた。

   入場無料。秋をめどに、写真集も刊行される予定。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中