2018年 5月 26日 (土)

「教科書持ってない?」、アマゾン「あるある、貸すよ~☆」 今度は電子書籍じゃなくて「紙」

印刷

   米Amazon.com(アマゾン)は現地時間2012年8月6日、紙の教科書を有料で貸し出すサービスを開始したと発表した。すでに2011年から電子書籍サービス「キンドル」で教科書レンタルサービスをおこなっており、今回「紙」という選択肢が新たに増えたことになる。

最大約70%安い価格で130日間

「紙」という新たな選択肢が増えた
「紙」という新たな選択肢が増えた

   アマゾンによると、通常購入する場合の最大約70%安い価格で本を1セメスター分、すなわち130日間借りることができるという。くわえて送料がかかるが、Amazon Prime(アマゾンプライム)の会員であるか、25ドル以上の利用という条件で無料になる。米国の教科書は値段の高いことで知られるので、ほとんどが送料無料になるといえそうだ。

   たとえば、サミュエルソンとノードハウスによる「経済学」は購入すると183ドル(日本円で約1万4500円)のところ、100ドル(同8000円)で借りられる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中