【書評ウォッチ】就職の対極にあるナリワイ 人生を盗まれない働き方とは

印刷

不景気で仕事が減っている。この現実に触発されて、仕事や生き方そのものを根本から見つめ直そうという動きが出てきた。「人生を盗まれない働き方」をサブタイトルにした『ナリワイをつくる』(伊藤洋志著、東京書籍)は、就職とは対極にある生き方を提案する一冊だ。【2012年8月12日(日)の各紙からI】

   「仕事に困っている人、必読である」で書き出す評を近世比較文化の田中優子さんが朝日に寄せている。ただし、これを読んだからといって、問題解決とは普通いかない。安易な誤解や早とちりをすれば、一面で危険な本だ。こういう考え方も確かにあるなーと、貴重かつ多くはころがっていない事例集として受けとめたら、役に立つかもしれない。

「仕事とは作るもの」

『ナリワイをつくる』(伊藤洋志著、東京書籍)
『ナリワイをつくる』(伊藤洋志著、東京書籍)

   ナリワイとは生活そのもの、あるいはそのための仕事の意味だ。「時間と健康をお金に換えるのではなく、頭と体が鍛えられて技が身につき、個人でおこなえる小規模の、人生を充実させる仕事」と評者は要約する。そういう仕事が都合よくあるだろうか。

   江戸時代のお百姓は衣食住を自分で調達でき、布や紙も出荷した。とび職は火消しでもあり、商売人でもあった。サラリーマン社会が出現したとたん、男は会社一辺倒に、女は主婦をめざし始めた。職業の種類は大正九年の16分の1に減ったと著者はいう。

   ナリワイは一個、二個と数える。会社勤めしながら一個もつ。ひと月三万円のナリワイを十個もてばそこそこ食える。著者はモンゴルに何度も足を運ぶうちにツアーを組むようになり、床張りや木造校舎結婚プロデュースなどを手がけているそうだ。「仕事とは就くものではなく、作るもの」というのが著者の主張だ。世情に鋭い問題提起ではある。

とらわれすぎず、したたかに読みこなせ

   「未来を見据えた、思想のある批評的ハウツーもの」と評者。そのとおりだが、思想・理想と現実は単純には相いれない。無条件に受け流すだけの評価でいいのかどうか。就活学生や切実に職を求める人にとって、これで物事が片づけば苦労はない。そこを読者は見きわめつつ、無責任な書評にとらわれすぎずに、したたかに読みこなす必要がある。

   8月15日は、終戦の日。「第一次大戦から」との見出しをつけて朝日の読書欄トップに、『20世紀の戦争』(メトロポリタン史学会編、有志舎)などがとり上げられた。評者は法政思想連鎖史の山室信一さん。しかし、8・15は第二次大戦・太平洋戦争の終わりだ。二つの大戦を関連づける理屈ならいくらでも言えるが、中心的な記事としてはどうか。紙面の作り方はほかにあるはずだ。内容面でも学者より普通の市民読者に向けて書いてほしい。どうもマニアックすぎる、あるいは若干トンチンカンな切り方と言われてもしかたない。

(ジャーナリスト 高橋俊一)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中