男も夏場のムダ毛処理、大丈夫? 初めてでも使いやすい新製品

印刷
シェービング時の肌へのやさしさを追求した(写真は、ボディーグルーマーの「TT2039」と「BG2024」)
シェービング時の肌へのやさしさを追求した(写真は、ボディーグルーマーの「TT2039」と「BG2024」)

   フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、首から下の体毛をケアするボディーグルーマーと、ヘアカッターの新製品を、2012年8月下旬に販売する。

   ボディーグルーマーの「TT2039」と「BG2024」は、従来製品のボディーグルーマーよりもシェービング時の肌へのやさしさを追求。輪郭にそって柔軟に可動する3Dピポッドヘッド(TT2039のみ)や、独自技術の丸みを帯びた先端部によって、快適な肌触りのシェービングを可能にした。

   また、フレーム部も肌を傷つけにくいよう改良しており、スムーズな使用感を実現した。肌にやさしくムダ毛をケアすることができるため、体毛ケア初心者でも使いやすい。

   ヘアカッター「QC5390」は、コームをつけない状態の0.5ミリメートルから、3~42ミリメートルまでミリ単位の長さ調節が可能なコームにより、幅広い長さのカットに対応した。「QC5380」は、コームをつけない状態の0.5ミリメートルから、コームをつけての1ミリメートルカットおよび3~21ミリメートルまで、2ミリメートルごとの長さ調節が可能。ターボ機能を搭載しているため、モードを切り替えることで、短時間でのヘアカットを実現した。

   両製品とも、鋭い切れ味のチタニウム刃を採用。また、本体を丸洗いできるため、簡単にお手入れできる。

   いずれも、オープン価格。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中