【書評ウォッチ】吉川英治の名作でスカッと 「大震災後に抜てき」の連載小説

印刷

   今回は異色の本をとり上げたい。といっても、多くの人が知る名作、吉川英治の『鳴門秘帖』(講談社吉川英治歴史時代文庫に全3巻を収録)だ。原発、不景気、消費税といった硬い話をたまには避けてというわけか、読売が日曜版で書評と現地徳島への旅案内をひとまとめにした。読書欄にどうにも目立つ学者先生の難解な書評とはちがって、自身も「徳島出身」の西條耕一記者の記事はわかりやすく歯切れもよい。暑い盛りに長編活劇小説でスカッとするのもいいなと思わせる。【2012年8月12日(日)の各紙からII】

立ち直ろうとする人たちに国民的な人気

『鳴門秘帖』
『鳴門秘帖』

   吉川英治は、関東大震災(1923年)をきっかけに本格的な作家活動に入った。大阪毎日新聞(現毎日新聞)の連載小説に抜擢(てき)されてできたのが『鳴門秘帖』だ。

   江戸中期、徳島藩に潜入した幕府隠密が討幕の動きを記した血書きの秘帖。隠密を助けに向かう剣士と阻止しようとする藩士の戦いを描いた長編。女スリや倒幕派の公卿ら個性あふれる登場人物多数。大震災の傷から立ち直ろうとする人たちの国民的な人気を呼んだ。

   「作品を通じて読者に喜びを与えたいと思って、力が入っていたのでしょう」という吉川英治記念館の学芸員、片岡元雄さんの言葉が記事中にある。

   東日本大震災から1年5か月、「吉川文学の原点を読むにふさわしい時代とも言えるだろう」と西條記者。今年は吉川英治生誕120年でもある。

中流層の貧困化に拍車

   硬い分野では、『スクリューフレーション・ショック』(永濱利廣著、朝日新聞出版)がはっきりしたメッセージを打ち出している。表題は米国語の造語。インフレで中流層の貧困化に拍車がかかること。「そんな米国生まれの病に日本もむしばまれつつある」と警告を発した一書と日経に。評者無署名。

   米国の経済格差がグローバル化やIT化の進展から拡大してきたところへリーマンショック、さらにエネルギーや食糧の値上がりが追い打ちをかけた。所得が伸びないのに支出が膨らんだ。

   日本はデフレを克服できないでいるが、著者はぜいたく品の値下がりと生活必需品の値上がりという「物価の二極化」に警戒を呼びかけている。ただ、その処方せんが法人減税と自由貿易とは財界の主張と同じ。有力な意見だが、さまざまな議論がある。このへんにまで注意して読めば、この分析、十分参考になる。

(ジャーナリスト 高橋俊一)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中