2021年 7月 29日 (木)

アジア諸国への謝罪「何のため」に続けるのか 昭和史大家が問う戦争とタブーと語り継ぎ

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2012年8月15日、日本は67回目の終戦記念日を迎えた。

   「太平洋戦争」を実際に経験し、記憶した人々が世を去りつつある今なお、日本人は先の戦争を「歴史の中にどう位置づければいいのか」定められていない――そんな問題意識を持つ昭和史の大家・保阪正康さんが語り下ろしたのが、『昭和史、二つの日 語り継ぐ十二月八日と八月十五日』(山川出版社、1680円)』だ。

日本人は戦争をどう受け止め、何を見落としてきたのか

『昭和史、二つの日 語り継ぐ十二月八日と八月十五日』
『昭和史、二つの日 語り継ぐ十二月八日と八月十五日』

   『東条英機と天皇の時代』、『昭和陸軍の研究』、『瀬島龍三―参謀の昭和史』などを代表作とし、一連の昭和史研究で第52回菊池寛賞も受賞した著者による「肩の凝らない歴史談義」と銘打つ。とはいえ、アカデミズムとジャーナリズムのさまざまな視点をもりこんだ本格派の内容だ。

   太平洋戦争開戦の日と終戦の日を軸に、日本人は戦争をどう受け止め、何を見落としてきたのか、実体験や取材秘話をもとに浮き彫りにしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!