「バレたら退職も」のスリル 社内恋愛は「燃える」のか

印刷

   先日、20代で集まり女子会を行いました。

   そこで、今回議題に挙がったのが同じ職場だからこそ生まれた「社内恋愛」についてでした。

   と言うのも、その場所にいたOLのA子は現在、社内恋愛中で直属の上司と愛を育んでいると言います。

   しかし、A子の会社で社内恋愛は風紀を乱すとの理由で禁止事項のようで、社内恋愛が発覚したあかつきには、異動、もしくは辞めさせられるぐらいのキツイ処罰を受けなくてはいけないとのことでした。

『会社に行くのが楽しみになりそう!』

OKでしょう
OKでしょう

   正直、私はこの話を聞いた時に『毎日スリリングな危機感を感じながら仕事をするなんて絶対無理!』と感じてしまったのですが……。

   みなさんは、社内恋愛についてアリ派?それとも、ナシ派?

   ということで、今回のギャルウォッチでは、ギャル達が思う社内恋愛についての徹底調査!まどろっこしいこの問題に白黒つけてみました!!

   まず、「社内恋愛アリ派」の賛成ギャル達の意見としては……

『会社に行くのが楽しみになりそう!』
『憧れる!イヤな仕事も大好きな彼に教えて貰ったら頑張れる!』
『仕事現場での彼を知ることが出来て、相手のこともよく分かりそう!』

   といったように、彼が同じ会社にいることで精神的にも強くなれること、プライベード以外の彼の一面を知れることで、恋愛を更に後押ししてくれるとして、前向きに受け止めていることが分かりました。

『会社まで一緒なんて休める場所がない』

   では、逆に「社内恋愛ナシ派」の反対ギャル達の意見は……

『周りからの目が気になって無理!バレたら気を遣わせそうだしね』
『会社まで一緒なんて休める場所がない。常に気を張っているイメージ』
『喧嘩したら面倒くさそう。会いたくなくても顔合わせなくちゃいけないし…』

といった声が寄せられ、社内恋愛が発覚してしまった場合の対処を対応に困ること、プライベートでのケンカが仕事に悪影響を及ぼしたりしかねないことを面倒に思うギャルが多いようです。

   しかし、このような辛口の意見がありながらも、ギャル達の意見を総合的にまとめると……

■社内恋愛アリ派:84.0%
■社内恋愛ナシ派:16.0%

といった結果となり、リスキーと捉えられがちな社内恋愛ではありますが、ギャル達は、社内恋愛でモチベーションアップや仕事の生産性が上がることに繋がるといった点から『職場であろうと恋愛は自由!』と考えているようでした。

賛成だけど、自分がするとしたら…

   とは言え、今回、興味深かったのは、他人の社内恋愛に対しては、第三者的立場で肯定的に考えながらも、自分が社内恋愛をする、つまり当事者的立場になった場合には『進んでしたい』とは思わないという傾向があることでした。

   それには、ギャル達がブログやツイッターで自分をさらけ出していることで、周囲から自分がどう思われているかといった「評価」」をとても気にすることが関係しているようで、社内恋愛をすることで職場の人の目が非常に気になること、また、何かミスがあることで気持ち的にも怠けているのではないかと思われることを気にしているようでした。

   一見、周囲には内緒にしておけば社内恋愛は成立するといった考えもありそうですが、社内恋愛は「賛成!」と応援は出来ても、自ら積極的・自発的にしたいとは思わないデジタル世代のギャル達の心情を知ることが出来ました。

   毎日顔を合わせられることがメリットだったり、顔を合わせたくない時でも常に一緒にいなくてはいけないデメリットもあったりするのが社内恋愛。

   みなさんはどう思いますか?

GRP編集長・まぁ~さ

社内恋愛してみたいですか?
してみたい
している
したくない。面倒そう
社内外にこだわらない
その他

【GRP】 GRPとは、「ギャル・リサーチ・プレス」の略で、「ギャル診断テスト」を受け、合格した正真正銘のギャル限定の会員で行われるリサーチ&ランキングからなるエンタメサイト。平均17.2歳、全国各地のギャルたちからアンケートを収集し、そのデータをもとにランキング形式で公開している。流行に敏感で、流行を作り出す「ギャル」オンリーのリサーチ情報なので、通常のランキングとはひと味違う近未来予測的なものとなっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中