「光速」と「プラズマ」で部屋の空気が変わる…

印刷
「光速ストリーマ」&「アクティブプラズマイオン」のダブル方式で強力除去
「光速ストリーマ」&「アクティブプラズマイオン」のダブル方式で強力除去

   ダイキン工業は、強力な酸化分解力をもつ「光速ストリーマ」に新たに「アクティブプラズマイオン」発生器を搭載した「ダブル方式」の加湿空気清浄機「うるおい光クリエール」3機種を、2012年9月15日に発売する。

   これまで培ってきた「光速ストリーマ」で、空気清浄機の内部でカビ菌やアレル物質、ニオイなどの物質を強力に分解、除去する吸引分解方式に加えて、新たに、室内に飛び出して空気清浄する方式の「アクティブプラズマイオン」発生器を搭載した。

   このダブル方式によって、1台で本体の内・外での清浄能力を高め、しみついたニオイや付着した菌を抑制する。

   また、集塵効率を高める「電気集塵」や加湿する水をキレイに保つ「水除菌」など、独自で高い評価を得ている機能を継承して、部屋の空気を清潔にする。

   「MCK70N」は新「eco節電」モードで無駄を抑えた運転を実現。「MCK70N」と「MCK55N」には、加湿設定機能が「高め(約60%)」「標準(約50%)」「ひかえめ(約40%)」の3段階から選択できる機能を搭載した。

   いずれも、オープン価格。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中