監督自ら監修、999点限定ウオッチ 映画「009 RE:CYBORG」公開記念

印刷

   インペリアル・エンタープライズ(東京・荒川区)は、神山健治監督の新作映画「009 RE:CYBORG」の公開を記念した限定版公式ウオッチの先行予約受け付けを、2012年8月17日に始めた。価格は、4万8500円。商品は10月下旬以降順次発送される。

エディションナンバーを刻印

(C)2012 「009 RE:CYBORG」製作委員会
(C)2012 「009 RE:CYBORG」製作委員会

   石ノ森章太郎氏のSFコミック「サイボーグ009」。その壮大な世界観を、「攻殻機動隊S.A.C.」シリーズや「東のエデン」の神山監督が新たなシナリオで描く映画「009 RE:CYBORG」が、2012年10月27日に公開される。

   今回、そんな神山監督自ら監修を手がけた公式ウオッチが、999点という数量限定で登場する。

   機械式のムーブメントが時を刻む「自動巻き機構」を搭載し、文字盤には両面ともに内部が透けて見えるシースルーウインドーが採用されているので、内部の複雑な構造をじっくりと鑑賞できる。

   また裏ぶたには、限定999点のエディションナンバーが刻印されている。中でも、エディションナンバー009は神山監督へ、001~008は映画製作委員会へと贈呈されるという。

   詳しくは、特設ページ(http://iei.jp/4808141601/?009recbg-a)で確認できる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中