2018年 5月 28日 (月)

貯金するたびスーパーマリオ気分 お馴染みの音が聞こえてくる

印刷

   メディアファクトリー(東京・渋谷区)は2012年8月14日、テレビゲーム「スーパーマリオブラザーズ」をモチーフにしたミニ貯金箱「スーパーマリオブラザーズ サウンドバンク レトロ」を発売した。

コイン音やスーパーキノコ音

(C)1985 Nintendo
(C)1985 Nintendo

   ゲーム内に登場するブロックを模した貯金箱にお金を入れると、コイン音、無敵音、スーパーキノコ音、土管に入るときの音、ゲームオーバーなど、おなじみの効果音が流れる。

   ブロックは、「ハテナブロック」「レンガブロック」「空(から)ブロック」「ハテナブロック(地下)」「レンガブロック(地下)」「こわれないブロック」の全6種類。それぞれ4種類の効果音が収録され、音はランダムで鳴る仕組みだ。

   ブロックを集めて自由にディスプレーすることで、「自分だけのマリオの世界が作れる」という。

   価格は、各399円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中