「世界最大級」恐竜頭骨化石が初上陸 恐竜ロボットも展示

印刷

   熊本市立熊本博物館は、熊本県とアメリカのモンタナ州との姉妹都市提携30周年と熊本市の政令指定都市への移行を記念した展示「恐竜展2012in熊本」を2012年9月23日まで開催されている。

熊本市立熊本博物館で7月から開かれている

約2メートルもある
約2メートルもある

   今回の展示は、モンタナ州立大学ロッキー博物館が所蔵する化石が中心。日本初上陸となる、世界最大級で約2メートルのティラノサウルスの実物頭骨化石が目玉だ。

   そのほか幼体から成体までそろったトリケラトプスの頭骨標本の展示や、映画「ジュラシック・パーク」の監修を手がけたジャック・ホーナー博士の最新学説や理論をモデルにした恐竜ロボットや展示コーナーが設けられている。

   入場料は一般1200円、高校・大学生900円、小・中学生500円。

   7月21日から開催している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中