旅行で一番楽しいのはフライト中だ!? 機内を快適に過ごす持込グッズ3選

印刷

   「夏休みだもの、どこか遠くへ出かけたい。でも、長時間飛行機に乗るのは疲れる」、という声をよく聞く。そんな人のために、今回は「飛行機疲れしない」をテーマに取り上げる。旅行では観光より荷造りと飛行機に乗ることの方が楽しい記者が勝手に選んだ「機内持ち込みグッズ」3点を紹介する。

低周波ノイズ打ち消すイヤホン

ノイズキャンセリングイヤホンで映画ももっと楽しめる
ノイズキャンセリングイヤホンで映画ももっと楽しめる

   機内で疲れるのはある意味当然のことだ。エンジンの轟音の中、座りつづけ、海外旅行の場合は到着後の時差と戦わなければならない。楽しみの映画など機内エンターテイメントも「ゴー」という音でかき消されては興醒め。そこで登場するのがSONY(ソニー)のノイズキャンセリングイヤホン「NC300D MDR-NC300D」(3万975円)だ。

   航空機用の特殊な形状のプラグアダプターが付属しており、航空機の騒音やエアコンのファンの音など低周波ノイズを打ち消してくれるというすぐれものだ。音楽を聴くだけでなく、耳栓がわりといった使い方できる。

   Amazon(アマゾン)のレビューには、カナル型(耳栓型)のノイズキャンセリングイヤホンとしては「間違いなく最強」とするコメントも寄せられている。

「男がよろこぶ靴下」でむくみ解消

低反発枕で有名なテンピュウール・ジャパンの「スリープマスク」で安眠
低反発枕で有名なテンピュウール・ジャパンの「スリープマスク」で安眠

   座りっぱなしの姿勢が長時間に及ぶと足がむくんでだるくなってしまうが、着圧靴下を履けば血行促進、リンパの流れも改善し、むくみがやわらぐという。Dr.Scholl(ドクターショール)の「メディキュット」シリーズ(735円~)は英国の圧力標準規格をもとに、デイリーシーンに応じた最適な圧力で足元を快適にする。こちらのラインアップは女性向けだが、メンズは悲しむなかれ、トレイン(東京・渋谷区)でも男性用着圧ソックス「男がよろこぶ靴下」シリーズ(924円~)も販売中だ。

   機内食は堪能したし映画も見たし、そろそろ到着後の観光に備えて寝ようかな―とはいえ機内の消灯時間は決まっているので、意外と侮りがたいのが「アイマスク」だ。テンピュウール・ジャパンの「スリープマスク」(3675円)は、低反発枕で有名な同社がつくっただけに、軽量でやさしいフィット感でしっかり光を遮断するという。旅先への移動のほか、音楽鑑賞、集中したいときなどにも活躍しそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中