「ライジングレッド」で日本ブランドの誇り示す G-SHOCK発売30周年、記念モデル1弾

印刷

   1983年、時計界に「タフネスウオッチ」という新たな分野を切り拓いたカシオ計算機の耐衝撃ウオッチ"G-SHOCK"が、2013年4月に誕生30周年を迎える。これを記念してカシオでは、今後1年間にわたり記念モデルやコラボレーションモデルの発売、世界各地でのイベント開催など様々な活動を展開する。

昇りゆく太陽をイメージ

30周年記念モデルの第一弾となる「Rising RED(ライジングレッド)」
30周年記念モデルの第一弾となる「Rising RED(ライジングレッド)」

   30周年記念モデルの第一弾となるのが、レッドのカラーリングを採用した「Rising RED(ライジングレッド)」の4モデルだ。2012年9月29日に発売する。

   鮮やかに輝くレッドは"G-SHOCK"のブランドカラーでもある。「Rising RED」(昇りゆく赤)と命名した通り、昇りゆく太陽をイメージさせる色合いが「日本ブランドとしての誇りや存在感を際立たせます」と同社は胸を張る。

   液晶や文字板にはゴールドをあしらい、裏蓋やビスなどのメタルパーツにはゴールドIP処理を施して、30周年記念モデルにふさわしい華やかさを演出した。裏蓋にはさらに、世界的に有名なグラフィックアーティストのエリック・ヘイズ氏がデザインした30周年の記念ロゴを刻印。専用のパッケージに封入し、細部まで特別感あふれるモデルに仕上げた。

   4モデルいずれにも"G-SHOCK"を代表するデザインや機能を採用している。

   初代モデルを継承したスクエアデザインにマルチバンドを搭載した「GW-M5630A-4JR」(2万4150円)、海外でも人気の高い丸型フォルムの「DW-6930A-4JR」(1万5750円)、ISO規格に準拠した200m潜水用防水機能搭載の"フロッグマン"「GF-8230A-4JR」(4万9350円)、方位・温度を計測するツインセンサーを搭載、防塵・防泥構造の"マッドマン"「GW-9330A-4JR」(3万9900円)をラインアップする。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中