2020年 12月 5日 (土)

「甲子園」が浮き彫りにする県民性 高校野球通して学ぶ「人生」「お笑い」…

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   大阪桐蔭の春夏連覇で終わった今夏の甲子園。春の選抜と同じ組合せとなった決勝戦で、光星学院(青森)はまたしても涙をのんだ。あなたの郷土のチームはどこまで勝ち進んだか。甲子園の感動をいま一度。J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」(https://books.j-cast.com/)でも特集記事を公開中。

甲子園めざし超進学校へ!?

『偏差値70の野球部』
『偏差値70の野球部』
『偏差値70の野球部』

   「とんでもなく面白い野球小説、できました!」「書いたのは超弩級の新人作家!」と宣伝コピーにうたう。第1巻のレベル1「難関合格編」から「打撃理論編」「守備理論編」と続き、レベル4「実戦応用編」まで全4巻の構成。小学館文庫の『偏差値70の野球部』(著・松尾清貴、レベル1 500円、レベル2 560円、レベル3 560円、レベル4 630円)は、面白さ請け合いの高校野球エンターテイメントだ。

   少年野球で活躍したピッチャーが将来のメジャーリーグ入りを夢見て、甲子園常連校を目指すが、猛勉強の末に入学したのは野球の名門ではなく、東大合格者数全国1位の超進学校だった。どんな波乱万丈や奇想天外が待っているのか。果して、東大と甲子園は両立するのか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!