2018年 7月 21日 (土)

日本人の「じゃがいも愛」がスゴイ 94%が「好き」、「カレーに必須」95%

印刷

   皆さんは、「じゃがいも」をみそ汁に入れる派だろうか。この辺は地域や家庭により差もあるだろうが、とにかくじゃがいもといえばさまざまな料理に欠かせない、食卓の常連だ。

   ところが農林水産省の調べによると、その生食用消費量(2009年)は10年前と比べてなんと25%も減少しているという。調理が手間、面倒といった風潮がその原因と見られ、生産者たちの間ではこのままだとじゃがいもが「時代から取り残された作物」になると危惧する声も。

女性の6割がじゃがいも大好きな「じゃが女」

女性の6割がじゃがいも大好きな「じゃが女」
女性の6割がじゃがいも大好きな「じゃが女」

   そんな現状を打破するため、馬鈴しょ取扱対策会議やホクレン農業協同組合連合会(札幌市)などは2012年8月、ジャーナリストの鳥越俊太郎さんを所長に「じゃがい問題研究所」を設立した。31日には第1弾となる調査レポートを発表、現代日本人の「じゃがいも観」を探っている。

   20~60代の男女1000人を対象に行ったこの調査によると、「じゃがいもを食べるのが好き」「やや好き」とした人は合計93.9%で、日本人の大部分は「じゃがいも好き」という事実が判明した。特に女性では積極的に「好き」と答える「じゃが女」が、男性より10ポイント近く高い63.2%に上る。

みそ汁にじゃがいも「入れる派」81.1%

   「最も好きなじゃがいも料理」としてはポテトサラダ(21.1%)、肉じゃが(20.2%)が接戦を展開する。またじゃがいもが「メイン」のもの以外で「じゃがいもが入っていてほしい料理」(複数回答)を聞くとカレー(94.8%)、クリームシチュー(94.6%)、ステーキの付け合わせ(92.5%)といったところに圧倒的な支持が集まった。冒頭の「みそ汁」にも、82.1%がじゃがいもを「入れる派」だった。

   じゃがい問題研究所では今後も、「現在の日本が抱える多くの社会問題は"じゃがいも"によって解決することができるのではないだろうか」というテーマの元、じゃがいもに関する情報発信を行っていく。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中