2018年 7月 20日 (金)

おうちの太陽光発電から充電できる ポータブルリチウムイオン蓄電池

印刷

   シャープは、小型・軽量、キャスター付きで持ち運びができて、停電時はもちろん、ふだんでもさまざまなシーンで使えるポータブルリチウムイオン蓄電池を、2012年9月6日に発売する。

停電時、自動で蓄電池からの電力供給に

業界初! 住宅用太陽光発電システムからも充電もできる
業界初! 住宅用太陽光発電システムからも充電もできる

   この蓄電池に家電機器の電源プラグを接続しておけば、ふだんは電力会社から供給される電力を充電しながらそのまま出力でき、停電時には自動で蓄電池からの電力供給に切り替わる。

   面倒な配線や複雑な操作が不要なうえ、外出中に停電が発生した場合でも継続して家電機器を使える。

   また、家庭などのコンセントからの充電に加えて、ポータブル蓄電池としては業界で初めて住宅用太陽光発電システムからの充電ができる。蓄電池の電源プラグを住宅用太陽光発電システムの自立運転コンセントに差し込み、住宅用太陽光発電システムを自立運転モードに切り替えることで、停電などが続いても夜間の電力利用が可能になる。

   満タンに充電してあれば、たとえば600リットルクラスの冷蔵庫で約3時間半、電気毛布なら約5時間半、使える。屋外でもレジャーなどでポータブルテレビを見る場合は約30時間、工事現場での仮設信号機ならば約7時間半も使用できる。

   オープン価格。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中